Dual SIM のCovia FleaPhone CP-F03aを購入

Covia SIMフリー スマートフォン FleaPhone CP-F03a というスマホを購入しました。このスマホ、SIMカードが標準サイズとマイクロSIMの2枚差しが可能です。いわゆるDual SIMですね。通信は3GとGSMに対応していますが、LTEには対応していません。3GのSIMカードを同時に2枚差しても1枚しか認識されません。切り替えて使用する必要があります。

CP-F03A

ガラケー(国内ではドコモかSoftbank)のSIMをさせば、そのままガラケー+Wifi接続のタブレットとして使えます。国内でSoftbankのガラケーのSIMで試してみたら通話とSMSは送受信ができます。でも携帯アドレスに送られた通常のe-mailのやりとりはできません。自動ではAPNという設定がなされないためのようです。

次にIIJの月額900円のSIMカードを入れると、通信機能付きのタブレットのように機能してくれます。SIMカードがLTEに対応していても、このスマホは3Gまでなので、LTEは使えません。でもLINEで話すくらいは日本国内では問題なし。

ガラケーのSIMとIIJのSIMを2枚差すと、同時には使えず、データ通信をしている間は電話が使えず、電話を使っている間はデータ通信はできない、という仕様です。

でも出張先の海外では、電話+データのSIMカードを使いますし、通信速度は3Gまでしかありませんから、このスマホでぴったりなはず。

画面の解像度やカメラの機能は、もちろん高価な機種にはかないませんが、別に不自由は感じないレベルです。画面タッチの感覚も最新機種に比べれば若干もたつくかもしれませんが、違和感のないレベル。これで1万円台ですから、お買い得だと思いました。

日本のテレビ番組を海外で見る

以前、日本のテレビの受信機を預かり、海外に映像を転送するサービスが違法とされた事件がありました。時は流れて、インターネットやスマホの発達により、状況は変わってきているようです。

ソニーは2013年秋以降に発売したブルーレイディスク録画機と、スマホのアプリ「テレビサイドビュー(Google Play/iTunes)」を組み合わせて、ブルーレイディスク録画機で受信したテレビの画像をインターネット経由でスマホに転送するサービスを開始しました。

ブルーレイディスク録画機で録画した番組はもちろんのこと、放送中の番組を見ることができるのが味噌です。インターネット経由ですから、もちろん海外にいてもリアルタイムで放送中の番組が視聴できます。

自宅に置いたソニーのブルーレイディスク録画機からの転送が基本ですから、東京などの大都市で放映されている番組が視聴できるわけではありません。チャンネル数が少ない地方であれば、視聴できるチャンネル数も少ないわけですが、その代わりディープな地方番組が見られるはず…

JTBインターナショナルマネートランスファー(MoneyT)がサービス終了

海外のATMで、あらかじめ口座に入れたお金を引き出すことができるサービス、JTBインターナショナルマネートランスファー(MoneyT)が、サービスを終了するそうです。

MoneyTは一種のVISAデビットカードだったようですが、昨今多くの金融機関がデビットカードを発行するようになって来ましたから、あえてJTBに新たに専用の口座を開設してまで、MoneyTのサービスを利用する必要性は、かなりなくなって来ていたと思います。

MoneyTの新規申し込みはすでに終了しており、ATMでの利用も2014年3月31日で終了になるそうです。詳しくはこちらをご覧ください。

海外送金用にVISAのデビットカードなどを持ちたい、あるいは留学する子どもなどに持たせたい人は、例えば楽天銀行などがVISAのデビットカードを発行していますから、手っ取り早いです。

JALマイレージカードがサファイアに

JALマイレージ・サファイア

JALのマイレージ・カードのステータスがサファイアになりました。去年からマダガスカルを年に2往復も3往復もしていますから、そりゃマイレージが貯まります。と言っても、乗っているのはJALよりも提携先のエールフランスの方が多いのですが。

サファイアになって良い点は、空港のラウンジが使えるようになること。サファイアの前はルビーだったのですが、ルビーにはあまり特典はなく、持っていても得した気分には全くなりませんでした。サファイアだと、搭乗するたびにボーナス・マイルも付くようだし、本当に意味を持つのはサファイア以上ですね。

でもちょっと、敷居が高すぎるような気がします。サファイアになるためには、年に数回アジアの国を往復する程度では絶対に無理ですから。

アップルストアでSIMフリーのiPhoneが発売

何と、日本のアップルストアでSIMふりーのiPhoneが販売されています。日本では各携帯キャリアがSIMロックされたiPhoneを販売していますから、まさかアップルストアでSIMフリー版を売りだすとは思っていませんでした。

海外に持って行くために、SIMフリー版のAndroidでも購入しようかと思っていましたから、iPhoneのSIMフリー版が販売されているのなら、オプションが増えました。

でも問題は、iPhone 5はnano-SIMを使っているところ。出張でよく行くマダガスカルでは、nano-SIMどころか、micro-SIMすらその辺りでは販売されていません。そうなると、SIMカッターを使って、標準サイズのSIMを自分で切ってnano-SIMにする、というリスクを冒さなければなりませんから。

でも、それ以前に本当にスマホが必要か?という疑問もありますが。HUAWEI E355(USBモデム)をモバイル・ルーターとして使い、iPodをWifiで繋いでいるだけでも大きな不便は感じませんでしたし…あったらいいなと思ったのは、GPS機能くらいでしたから。

iPhone用の電子辞書アプリ

ちょっとスペイン語で資料を作らなければならない仕事が入りました。スペイン語圏で仕事をしたことはありますが、かなり以前。しかも、以前スペイン語圏にいた頃とは分野も違い、出て来る用語もかなり異なっています。

「確か和西辞書があったはず…」と探してみましたが、見つかったのは30年以上前に出版されたもの。その頃スペイン語に勉強に使った書き込みなどがあって懐かしかったですが、最近の用語にはもちろん対応しておらず、買い換えようと考えました。

最初以前のように書籍の和西・西和辞書を考えたのですが、女房が「私の電子辞書に追加で入れられないの?」なるほどと思って調べてみましたが、どうやら難しそう。また、スペイン語の電子辞書を単独で購入しようとなると2万円台後半。うーん。紙の辞書に比べてもいささか高すぎ。

そこでひょっとしたら、と思い付いたのがアップルのiTunesストア。iPhoneやiPad用に英語の辞書が出ているのは知っていましたから、スペイン語の辞書もあるかもしれないと思い、調べてみました。するとやはりありました。和西・西和辞書が一緒になって2800円。これなら紙の辞書より安い!

私はiPhoneは持っておらず、手元にあるのはiPodだけですが、説明を読むとiPodにも対応しているとのこと。さらに、辞書はすべてメモリーの中に入っており、インターネット経由でクラウドにある辞書を利用するわけではないとのこと。常にWifiに繋いでiPodを使っているわけではないので、これは大きなポイントです。

購入して見ると、検索窓は一つで、そこに日本語を入れるとスペイン語が表示され、スペイン語を入れれば日本語が表示される仕組み。スペイン語特有のアクセント記号などを入力する必要はなく、英語の入力モードにして打って行くと、画面にスペイン語のスペルの候補が表示されるので選択すれば良いだけ。これは便利です。

PCのWifiをルーター代わりに

HUAWEI E355(USBモデム)をモバイル・ルーターとして使う話の続きですが、そもそもなぜ私がモバイル・ルーターが必要かと言うと、出張先の海外では携帯電話の電波を使ったインターネット接続が頼りで、これだと通常の無線LANの装置とかが設置できないから。モバイル用のモデムを直接PCのUSBに差し込んで使いますから、iPodとかタブレットとか、Wifi経由でないとインターネットに繋げないものが使えません。

だからモバイル・ルーターが必要だとばかり思っていたら、他の解決策が。それは、PCのWifi機能をWifiルーターとして使ってしまうというもの。もちろんPCをWifiでインターネットに接続してしまっていたら、それ以上どうしようもありませんが、出張時はモバイル用のモデムでPCをインターネットに繋いでおり、Wifiは空いている、というのが味噌。

これはどうやら「ワイヤレス アドホック(コンピュータ相互)ネットワーク」というらしいですが、Windowsには標準で備わった機能である様子。元々、近くにあるコンピュータ同士をWifiで繋ぎネットワークを構築するための機能のようです。

モデムやLANケーブルでインターネットに接続されたPCにこの機能を設定すれば、PCがルーターに早変わり、ということのようです。設定は結構ややこしいようですから、こちらのサイトを参照してください。実際にはモバイル・ルーターが既に手元にありますから試していません。

HUAWEI E355(USBモデム)をモバイル・ルーターとして使う

以前SIMフリーのUSBモデムHUAWEI E355を購入した話は書きました。HUAWEI E355の特徴は、USBモデムですからUSBから電源を取ることですが、コンピュータに繋いでモデムとして利用するだけでなく、USBから電源を供給してやれば、独立したWifiルーターとして使える点にあります。USB電源に繋いでやれば、ふつうの無線ルーターとして使えるわけです。

では、USBの電源をモバイル化すれば、HUAWEI E355をモバイル・ルーターの代わりに使えるはず!ということで早速試してみました。

HUAWEI E355をモバイルルーター化

使用したのは、スマホなどを充電するために最近の奥の機種が発売されているモバイルバッテリー。これにはUSB出力が備わっていますから、USB出力に直接HUAWEI E355を繋いでやれば、屋外でもPCに繋ぐことなく利用できるはず。

というわけで、手に入れたモバイルバッテリーにHUAWEI E355を繋ぎ、iPadをWifiで接続しているところの写真が上。ちゃんと接続できています。HUAWEI E355は普通のモバイルルーターよりずっと小型ですし、普通のモバイルルーターとは違い、USBモデムや(マイクロSDカードを入れれば)USBメモリーとしても使えます。そして、モバイルバッテリーの方は、お隣のiPadなどに電源を供給することもできます。つまり、一般的なモバイルルーターよりも多機能なシステムが出来上がる、というわけです。

docomoのiPhoneもSIMフリーにならず

私は現在ソフトバンクの携帯電話を使っています。なぜソフトバンクなのかと言うと、ソフトバンクがまだボーダフォンだった頃、海外でのローミングへの対応の良さを前提にキャリアを決めたからです。

現在は各国でSIMカードが安く販売されるようになり、海外でしばらく滞在する場合には、その国のSIMカードを携帯電話に刺して使うスタイルにしています。

現在使っている携帯はスマホではありませんから、そろそろスマホも考えようか、とは思っているのですが、日本国内で販売されているスマホのほとんどはSIMフリーに対応せず。その中で、docomoだけは手続きすればスマホをSIMフリー化するサービスを実施していました。

もし、docomoからSIMフリーのiPhoneが発売されたら、これを機にソフトバンクからdocomoに乗り換えて、iPhoneを購入しようかと思っていましたが、目論見は見事に外れたようです。必ずしもiPhoneにこだわっているわけではないのですが、iPhoneの他に候補かな、と考えているSonyのXperiaもdocomoからしか発売されていません。

キャリアを変えるとなると、家族の分も一緒に、となりますから結構面倒です。何か強いモーチベーションが欲しいところなのですが。

シェムリアップのお勧めホテル Pavillon d’ Orient

カンボジアのアンコール遺跡を訪ねる旅に来ています。最初の1週間に利用したのが Pavillon d’ Orient というホテル。空港との行き来には無料の送迎サービスがあります。空港に着いたら、ちゃんとドライバーさんが名前を書いたプラカードを持って出迎えてくれました。

ホテルはシェムリアップの中心街からは少し離れた郊外にありますが、静かな環境で居心地は最高。小さなプールもあって、ちょっとしたリゾート感覚で過ごすことができます。レストランもオープンエアで、池のある庭もあり、快適。味もかなりGoodでした。朝食は宿泊料に込みですが、豪華ではないものの、とてもおいしく、クロワッサンなども付いています。フレンチトーストや、カンボジア風チャーハンなども頼むことができますが、料金に含まれています。我が家は子どもたちがミルクを頼んだり、追加のベーコンを頼みましたが、全て無料。感謝です。

さらに良いのは、毎日無料のトゥクトゥクが付いていること。宿泊費に含まれていますから、追加料金は不要で一台を朝から晩まで使うことができます。アンコール・ワットなど、シェムリアップ 近郊の遺跡はすべてこれで回ることができますし、運転手さんは英語を話せますから、簡単な町のガイドもしてもらえます。

夜町に食事に出る時も、トゥクトゥクに乗って出かけることができますから、とても便利。余計な値段交渉もする必要がありません。でもチップは忘れないように。

ホテルにはスイミング・プールも付いており、緑に囲まれていて気分の良いところです。

我が家ももう一度来ることがあったら、また利用しても良いと思えるホテルでした。

Pavillon d’ Orient
Road No 60
Siem Reap-Angkor
Kingdom of Cambodia
Tel: 855-63-760-646