銀聯カード(ぎんれんカード) デビットカード

中国本土や香港、マカオに旅行する時に便利なデビットカードが出ました。イギリスに本社を置く「アクセス・プリペイド・ワールドワイド」が運営するキャッシュパスポートというサービスが、中国国内で圧倒的なネットワークを持つ銀聯カードのデビットカードを発行しています。

このデビットカードは、中国国内の銀聯カードのATMで現金を引き出すことができるほか、銀聯カードの表示がある商店やレストランなどでの支払いにも使用することができます。

キャッシュパスポートの銀聯カードのデビットカードはプリペイド式で、自分の銀行口座やクレジットカードとは一切リンクがありません。つまり、あらかじめ払い込んだ金額(2万円から100万円)の範囲しか使えない代わりに、紛失や盗難、その他の被害にあった場合でも、被害額はその範囲に限定される、ということになります。一方三菱UFJニコスが発行する銀聯カードなどは、手持ちのクレジットカードと連動しています。

中国でプリペイド式の銀聯カードを使うメリットの一つは、何といっても安全性です。クレジットカードと同様に支払いにも使えますから、商店で現金を使い、お釣りに偽札を掴まされる、という危険も防ぐことができます。また、クレジットカード情報を盗まれたり、と言った心配もありません。

詐欺や盗難のリスクが高い中国旅行に力を発揮するカードと言えます。クレジットカードではありませんから、カードを作る時にも本人確認だけで、審査はありません。キャッシュをあらかじめ入れないと使えませんから、当たり前ですけど。

銀聯カードの為替手数料は4%で、市中銀行などで元に交換するよりも手数料は低くなっています。その一方で12ヶ月間利用しないと月間管理手数料が100円かかりますし、決算手数料が500円かかりますから、あまりに少額の使用予定しかない場合には、あまり向かないかもしれません。

また、JALのマイレージと提携していますが、初回のみマイル登録手数料として2100円かかりますから、まあ、あくまでおまけと考えておく方が良いかと思います。

銀聯カードの詳細・申し込みはこちら

あれ?キャッシングができない?

現在家族でオーストラリアのケアンズに来ています。日本を出国する前にオーストラリア$500くらいは両替してきていたのですが、手持ちのドルも少なくなって来ました。クレジットカードがあちらこちらで使えるので、高額のキャッシュを持つ必要はありませんが、外で買い食いしたりしていると少しずつキャッシュが減ります。

そこで街に出たついでに銀行のATMで楽天プレミアムカードを使ってキャッシングしようとすると…「お取り扱いできません。」

え?利用限度額まで使っているわけでもないのになぜ?

なぜキャッシングを使うかと言うと、キャッシングにして利子を払う方が、デビットカードなどで直接現金を引き出す時の為替手数料より安い、という説があるからです。

でもなぜ楽天プレミアムカードでキャッシングができないの?帰ってWEBで楽天プレミアムカードのアカウントに入って見てみると、キャッシングの限度額が0円。そりゃキャッシングできないはずですが、なぜ?

良く調べると、年収とか、追加の情報を登録しないとキャッシング機能が使えないのでした。今までキャッシングなんて使ったことがなかったので調べたこともなかったのです。だってクレジット会社からは「キャッシングを使え」みたいな広告が良く送られてきますから、てっきり黙っていもキャッシングは使えると思いこんでいたのです。

ちなみに楽天プレミアムカードにしている理由はプライオリティパスが使えるからです。でも、先日使った関西国際空港のラウンジは深夜便のため既に閉まっていて使えなかったのですが…